巷ではよくトリキュラーは太ると噂されていますが、あれって実はウソだった!?ちゃんと正しい使い方をしていますか?惑わされない為に知っておきたいトリキュラーの正しい知識を解説します!

40代後半女性が悩む更年期にはトリキュラー服用

トリキュラーは、40代後半の女性の悩みの1つである更年期障害の症状の緩和改善にも有効です。更年期障害は、閉経の5年程度前より5年後の45歳~55歳の時期に発症する自律神経失調症の1つであり、ホットフラッシュやイライラ、肥満などの症状に悩まされます。更年期は、閉経間近の卵巣が女性ホルモンエストロゲンを分泌する能力が著しく衰え恒常的にエストロゲンが不足する為、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが過剰に分泌されます。結果、不足するエストロゲンと過剰な分泌された性腺刺激ホルモンによりホルモンバランスが乱れる為に更年期障害が発症します。その為、人工黄体ホルモン剤レボノルゲストレルと人工卵黄ホルモン剤エチニルエストラジオールを含有するトリキュラーを服用する事で更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れを改善する効果があります。
トリキュラーは、低用量ピルに分類される第2世代の漸増型3相性避妊薬です。漸増型3相性避妊薬は、副作用を軽減する為に月経周期の初期の人工黄体ホルモン剤レボノルゲストレルの含有量を減らし、月経周期後半に向けてレボノルゲストレルの含有量を3段階で増量する事で月経周期あたりのレボノルゲストレルの総量を減量しています。トリキュラーは、レボノルゲストレルを3段階で増量する事で、より自然で身体に負担の少ない女性ホルモンのバランスを実現し、生理痛の緩和や経血量の減少、月経周期の正常化及び安定化などの効果が期待出来ます。又、子宮体癌や卵巣癌、子宮内膜症などの発症予防や治療に用いられています。トリキュラーなどの経口避妊薬は、日本国内では悪いイメージを持っている人もいますが、現在では若い女性の服用者も年々増えている医薬品です。